地球納豆倶楽部
ホーム
商品紹介
地球納豆倶楽部の納豆
大豆について
産地について
大豆産地をたずねて
ご購入
納豆豆知識
会社案内
リンク
お問合せ
特定商取引法に基づく表記

厳選された大豆
地球納豆倶楽部では、美味しい納豆をつくるため、産地や品種にこだわり大豆を選んでいます。
現在、次の2種類の大豆を使い納豆を作っています。
 

私たちが初めに選んだ「地塚大豆」。

正式な品種名を「納豆小粒(しょうりゅう)」といいます。
その名のとおり小粒の納豆専用の大豆です。
糖質が多く納豆用の原料としては最高級といわれます。
水戸納豆が全国的に有名になったのは、
この地域で採れる地塚大豆が美味しかったことが一因とも言われています。
主に栃木・茨城県で栽培されている生産量が限られる在来種(地大豆)です。
納豆にすると、かなり強く粘ります。しっかりとした食感で小粒ながらコクと旨みがあります。
この大豆の中でも、栽培期間中農薬を全く使わずに
育てた大豆のみを使ったのが「国産地塚納豆」です。

>国産地塚納豆のページへ
 

音更大袖振大豆」(おとふけおおそでふりだいず)について。

もともと北海道に「大袖振大豆」という青大豆がありました。
香りや風味があり煮豆や豆菓子などに重宝される在来種(地大豆)です。
それを栽培していた北海道音更町の農家が、採れた大豆の中から良くできた豆を選別し、
翌年蒔いて、また良くできた豆を種に採り、蒔いて・・・。
選別を繰り返すうちに、普通の大袖振大豆より寒さに強くたくさん収穫でき
美味しい良い豆が安定的に採れるようになりました。
これが「音更大袖振大豆」のはじまりです。
以後、ブランド大豆として知る人ぞ知る大豆になりました。

現在、有機JAS認証がある音更大袖振大豆は、2軒の農家でしか栽培していない稀少大豆です。
2009年、地球納豆倶楽部では有機栽培された音更大袖振大豆で作った
「国産有機音更納豆」を販売を開始しました。

>国産有機音更納豆のページへ
 

もちろん、どちらの大豆も遺伝子組み換えは行っておりません。

お知らせ
地球納豆倶楽部新聞
twitter